ANTHEM(アンセム)のジャベリンでおすすめは?初心者向け・人気不人気

Anthem

「ANTHEM」ですが、海外のメタスコアは低いですが、
なかなか楽しめてます。
(まだバグが多いようですが・・・)

さて、このANTHEMですが、最大の特徴が「ジャベリン」ですね。
このジャベリンは4種類あるのですが、どれが一番いいのかなぁ・・・と迷ってる人も多いのではないでしょうか。

最終的に全部ゲットできるのですが、まずどれから使おうか、
どれをメインに使おうか、やっぱり迷いますね。

そこで、4種類のジャベリンでどれがおすすめか、
初心者向けや人気/不人気など紹介します。



スポンサードリンク

ストーム


マントをはためかせてるのが「ストーム」です。

ストームの特徴は、魔法使いで範囲攻撃です。
「炎」「氷」「雷」の属性攻撃をメインに使います。

ストームのメリットは、
なんといっても範囲攻撃です。
一度に複数の敵を攻撃できます。

また、空中でホバリングすることもできます。
(さらに、ホバリング中はバリアがはられます)

デメリットとしては、
防御力が低いこと
ですね。

そのため、近距離には弱いです。
そのため、できるだけ距離をとって戦うことになります。

攻撃は基本的に属性攻撃になるので、
コンボを決めやすいのも特徴です。

遠くから攻撃したい場合には、おすすめのジャベリンです。

なお、現在一番人気のようで、
パーティー組んだら4人全員ストームということもよくあります。

コロッサス


見た目で一番でかいのが「コロッサス」です。

見た目の通り、近接攻撃タイプです。
敵の最前線に突っ込んでいって戦うという脳筋タイプですね。

武器も「迫撃砲」「火炎放射器」「レールガン」といった重火器をメインに使います。
なにより火力があるので、前線で活躍できます。

盾を構えて敵に突っ込んでいくだけでも戦力になります。

当然、防御力はジャベリンの中で一番高く、タンク役に最適となっています。
パーティーに一人はほしいジャベリンですね。

そして、見た目からもわかるように、
デメリットとして移動の遅さがあります。

また、シールドも他のジャベリンと少し違うので、慣れる必要があります。

とりあえず敵に突っ込んでいって暴れたい、という人におすすめのジャベリンです。

現在、2番人気で、パーティーでもそこそこ見かけます。



スポンサードリンク

インターセプター


見た目で一番細身なのが「インターセプター」。
そして、見た目の通り、機動力タイプです。

機動力タイプなのに、近接攻撃がメインなので、
すばやく敵に近づいて攻撃し、敵の攻撃はうまく回避する、
というテクニックが必要になるジャベリンです。

敵単体への火力が一番高いのが特徴で、
回避も3回連続で使えます。(他のジャベリンは2回まで)

デメリットとしては、複数の敵への攻撃が苦手という点と、
近接攻撃メインなのに防御力が低い(ストームの次に低い)ので、
うまく回避できないとすぐにやられてしまいます。

操作や回避など、テクニックが必要になりますので、
初心者向けではないジャベリンですね。

人気はあまりないようで、パーティーであまり見かけません。

レンジャー


最後が「レンジャー」です。
見た目の特徴もないように、ジャベリンとしての特徴もないのが、このジャベリン。

いわゆる平均的キャラというやつになります。

武器は「グレネード」「ミサイル」「ビーム」などがメインで、火力もそれなりにあります。
防御力もそこそこありますが、どの項目も1番のものがないので、やはり平均的キャラになりますね。

飛行中にも攻撃できる唯一のジャベリンですが、使う場面はあまりないかもしれません。

平均的キャラということもあって、人気が一番ありません。

チュートリアルで操作するのが、このレンジャーなので、
そのまま使い続けたいならレンジャー、というぐらいでしょうか。



スポンサードリンク

初心者向けのジャベリンは?

さて、初心者向けのジャベリンですが、実は選ぶのは結構難しいです。
というのも、どれも特徴があるので、お手軽簡単的なものがないんですね。

ただ、立ち回りや使いやすさなどを考えると、
ストーム
が一番初心者向けでしょうか。

また、FPS/TPSのプレイ経験がそれなりにあるのなら、
レンジャー
もいいでしょう。
レンジャーは癖が少ないので、すぐに慣れると思います。

逆に中級者〜上級者向けは、
コロッサス、インターセプター
でしょう。

コロッサスはいわゆるタンク役になりますが、
操作にちょっと癖があるので、初心者向けではないですね。
ある程度慣れてからのほうがいいでしょう。

インターセプターは、立ち回りがかなり重要になるので、
上級者向けになりますね。
ゲットするのも最後でいいかもしれません。