ReCoreの序盤までの感想レビューなど

ReCore

XBox One用のゲームの「ReCore(リコア)」が発売されました。
さっそくやってみたので、感想などを書いてみます。

このゲームは、元カプコンの稲船敬二氏がプロデュースしたもので、
去年のE3で初登場。

で、今年になってようやく発売されました。

どんなゲームかっていうと、アクション性の強いTPSって感じでしょうか。
アイテムを集めて行ける場所を増やす、みたいな探索要素もあります。

特徴はペットみたいなロボットを連れていくってところですかね。

事前の評判がいまいちだったので、ちょっと失敗したかなぁと思ってしまいましたが、
もう届いたのでプレイしてみます。

さてさて、ゲームの部隊は地球に似た惑星です。
地球に住めなくなったので、地球に似た惑星にきて、テラフォーミングをしている状態。
で、何かトラブルがあった、というところからスタートです。

主人公は女性で、まず犬みたいなロボットを連れてます。

基本的に、マップのいろんなところにあるダンジョンに入って、コアを集めます。
コアを集めると行くことができるダンジョンが増える、みたいな感じですね。

道中には時々敵が出てきます。

敵は主人公の武器の銃での攻撃とペットの攻撃があります。
自動ロックオンシステムなので、エイミングはあんまりしなくてもいいです。

敵には属性があって、属性を合わせるとダメージが増えます。

主人公も武器のペットもレベルアップして強化できます。
ペットは素材を集めて強化もできます。

レシピみたいなものを拾ってから素材が集まると、部位別の装備がゲットできるシステムです。

ペットは種類が5種類で、それぞれ特徴があります。
ペットによって移動できる場所が変わったりするシステムになってます。

さて、序盤(たぶん)をやってみての感想です。
(3体目のペットが仲間になったところ)

事前の評判よりは、わりと面白いゲームだな、という感想ですね。

最初は戦闘が簡単すぎてヌルゲーかと思いきや、すぐに戦闘が難しくなってきます。
(ちょっと敵強すぎ?)

また、アクション性が結構強いので、結構難しいですね。
空中にある足場をジャンプで渡ったり、短い時間制限内に移動しないといけなかったり、
というケースがかなりあります。

主人公の移動は2段ジャンプ&ダッシュという形なので、かなり移動できます。

最初のほうから
、かなりタイミングがシビアなところがあるので、
アクションが苦手なら、結構厳しいかも。

で、このゲームの一番の欠点。
それは「ロード時間」。

落下して死んだ場合には、すぐ復帰できるのですが、
敵にやられて死んだ場合は、かなりのロード時間になります。

ボス戦とかで死にまくるとロード地獄に・・・。
すぐに敵も強くなるので、ロード時間の長さが気になりますね。

ただ、今のところ欠点はロード時間ぐらい。
あとはなかなか面白いです。

ロード時間さえなんとかなればなぁ・・・。



スポンサードリンク