ファイアーエムブレムヒーローズとFEシリーズの違いについて

ファイアーエムブレムヒーローズ

スマホ版のファイアーエムブレムの
「ファイアーエムブレムヒーローズ」
が発表されました。

2月2日配信開始とのことですが、
任天堂もスマホ路線か・・・、といろいろ思うところはあります。

従来のシリーズのファンとしては、スマホ版での違いに気になるところです。
ということで、ファイアーエムブレムヒーローズは従来のシリーズとどう違うのかについてまとめてみました。

基本システムの違い

まずは基本システムですね。

フィールドは8x6のマス目固定になるようです。
(スクロールしたり切り替わったりしない)

ということで、戦略性はだいぶ下がりそうですね。
1マップのプレイ時間も短くなりそうですが、そこはスマホ向けなんでしょうか。

そして、FEといえば武器や魔法は使用すると減る回数制です。
ファイアーエムブレムヒーローズでは回数制ではないようですね。
(動画からはちょっと確認できなかった)

従来のFEよりも要素が減っている印象です。

ロスト

FEシリーズの最大の特徴といえばキャラのロストでしょう。
といっても、最近のFEシリーズはロストしないような設定にもできました。

今回のファイアーエムブレムヒーローズは、ロストしないようです。
キャラがやられたら次の戦闘まで使えない、という仕様ですね。

まあ、お金使ってガチャでゲットしたキャラがロストするのはまずい、という判断でしょうか。

ガチャについて

スマホ版と聞いて一番気になるのは「ガチャ」でしょう。

ファイアーエムブレムヒーローズはガチャがあります。

オーブを使ってキャラを召喚するという形です。
ガチャは属性(槍・剣などの武器)別に召喚できるようです。

特定のキャラを狙うのなら、そのキャラの属性のみを召喚すればいい、
ということになりそうです。

キャラのレアリティも当然存在して、★は5つまであるようです。
同じキャラでもレアリティの違うものがあるようなので、
ガチャで何が当たりかというのはちょっと迷うところですね。

ただ、レアリティが低いキャラも育てればレアリティを上げることができるそうです。
(レアリティアップにアイテムが必要かどうかは未定)

ガチャは連続で回すと必要な石の数が減るシステムなので、
ちょっとだけ親切な仕様かもしれません。

まとめ

まあガチャがちょっとだけ親切なスマホゲーという感じですね。
あとは、ガチャがどれだけ絞ってるかどうかですが・・・。