プロジェクト東京ドールズをやってみた感想・序盤レビュー

プロジェクト東京ドールズ

「プロジェクト東京ドールズ」というゲームが配信されてたので、
やってみました。

まあ、ざっと見たところ、キャラゲーっぽいのですが、
そこそこ力を入れてるみたいですね。

リセマラはかなり面倒なので、やらずに序盤をプレーしています。

どんなゲーム?

序盤、いきなり謎展開から始まります。

たまたま出会った女の子が、謎の敵にいきなり襲われて、
死にそうになってて、謎の契約させられて、
DOLLとかいうのになって、
謎の敵とたたかうことに・・・。

みたいな導入です。

まあ、主人公の生い立ちも謎なんですけどね・・。

で、ゲームとしては、DOLLという女の子キャラを使って、
敵を倒すようです。

ゲームシステムは?

DOLLSというアイドルユニットになってて、メンバーは9人。

その9人のうち3人選んでパーティを組んで、戦闘します。

ガチャはカードのガチャで、各キャラごとに衣装の違うカードがあって、
レアリティもあります。

あとは、各キャラに感情レベルみたいなのがあって、
それのレベルを上げていくという育成要素もあります。

キャラは記憶を失ってるという設定なので、
その記憶を戻すというのもありますね。

さて、戦闘はタイミングよくタップするシステムです。
武器の種類によって、タップするタイミングが変わります。

連続で成功すると追加攻撃できるというシステムですね。

敵は1体ずつしか出てきません。

序盤の感想

さて、序盤のレビューですが、
キャラはよく動きますね。

キャラの個性もわりとあります。
この辺は力入れて作ってますね。

ただ、戦闘はちょっと単調。
タイミングのみなんで、あんまり工夫がないです。

また、敵キャラがいまいち。
種類がめっちゃ少ないです。
(この先増えてくるかもしれませんが)

クエストを進めていくと、DOLLSのライブがあるのですが、
残念ながら1枚絵があるのみ。

こういうのはがっかり。

ガチャも渋いので、今後続けるかどうかはストーリー次第かなぁ。