スターデューバレーの序盤の金策の方法について

Stardew Valley

ここのところずっとスターデューバレーをやっています。
なんか辞め時がないですね。

さて、そんなスターデューバレーですが、序盤はできることがあまりありません。
道具がボロく、スキルも低く、お金もありません。

そこで、序盤向けの金策方法について紹介します。



スポンサードリンク

序盤の金策について

序盤は鉱山に入るのも難しいですし、入っても深く潜れないので、あまり金策には向きません。

序盤の金策のメインは、
農作物を売る
ということになります。

ただ、農作物は作るのに時間がかかりますし、種を買うためのお金が必要です。

まずはその辺に落ちているものを拾います。
春なら「ラッパスイセン」「たんぽぽ」などが落ちていますので、それを拾ってお金にします。

また、春限定で牧場の下のマップ(下水道管がある場所の近く)に、
「葉たまねぎ」(PC版などはアサツキ)
が自生していますので、それを回収します。

また、海岸ではアサリなどが落ちていますので、それもお金にします。

もし余裕があれば、木材を300個使って海岸の橋を改修しておきます。
その先にはサンゴやウニが落ちているので、序盤の金策には最適です。

序盤のおすすめ農作物

では、序盤のおすすめの農作物です。

まず春ですが、最初にパースニップの種がもらえますので、全部植えます。
収穫まで4日なので、収穫してお金にしたら、また種を買います。

夏になると全部枯れるので、残り日数は計算しておきましょう。

他には「ケール」もおすすめです。
ケールは収穫まで6日です。

「カリフラワー」は、一定の確率で巨大化します。
3×3エリアに種を撒いておくと、倍収穫できます。
(カリフラワーは収穫まで12日)

春にはイベントとして「エッグフェスティバル」(春13日に開催)がありますが、
そこで買えるイチゴの種はぜひ購入して栽培しましょう。

収穫まで8日かかりますが、そこから4日毎に収穫できます。

また、草を刈ると出る種も植えておきます。
何になるか分かりませんが、種はタダなので土地が余っているのなら栽培しましょう。



スポンサードリンク

釣り

種を買うお金がないのなら、釣りがオススメです。

とはいえ、最初の釣りはスキルが低いのでかなり難しいです。
また、魚はあまりコスパがよくないのですが、それでも金策にはなります。

スキルアップも兼ねて暇な時間は釣りをしておくといいでしょう。

釣りが難しいのなら、おすすめは「コイ」です。
コイは動きが少ないので、序盤でも簡単に釣ることができます。

コイは鉱山の前辺りで釣れます。



スポンサードリンク