スターデューバレーの特化職のおすすめは?注意点について

Stardew Valley

スターデューバレーですが、基本は牧場・農場を経営するゲームですが、
主人公にはスキル別にレベルがあり、育成要素もあります。

農業や釣りをやっていると、時々レベルが上がります。

そして、レベル5までいくと、「特化職」を選べるようになります。
これによってスキルが強化されたり、アイテムが得やすくなったりと、
いろいろな恩恵があるのですが、選択する必要があります。

そこで、おすすめの特化職についてまとめました。



スポンサードリンク

特化職の選び方のルール

特化職ですが、各スキルごとにレベル5とレベル10になったときに選択できます。

特化職は各スキルごとに全部で6つありますが、
その中から選択できるのは2つだけ。

しかも、レベル10で選択できる特化職は、レベル5で選んだ特化職により限定されます。
レベル10で選択したい特化職があるのなら、レベル5で選ぶ特化職を合わせる必要があるので注意が必要です。

農業の特化職のおすすめ

まず「農業」です。

レベル5で選択できるのは、
動物飼育者
動物アイテムの売値が20%上がる
耕作者
作物の売値が10%上がる

です。

どちらがおすすめかというのは、プレイの方法によって決まります。
農作物を育てるのを優先しているのなら、耕作者、そうでないなら動物育成者になります。

レベル10で選択できるのは、
レベル5で「動物飼育者」を選んだ場合は
トリ小屋の達人
トリ小屋の動物と早く仲良くなれます。
ふ卵にかかる時間が半分になります。
羊飼い
動物小屋の動物と早く仲良くなれます。
ヒツジが早くウールを産出します。

レベル5で「耕作者」を選んだ場合は、
職人
加工品(ワイン、チーズなど)の売値が40%上がる。
農業者
全作物の成長速度が10%上がる。

となっています。

これも、どれがおすすめかはプレイスタイルによって変わります。
自分が優先しているものに合わせるといいでしょう。



スポンサードリンク

採鉱の特化職のおすすめ

次は「採鉱」です。

レベル5で選択できるのは、
鉱山労働者
鉱脈1つにつき鉱石+1個。
地質学者
採掘時、確率で宝石が2個見つかります。
(鉱脈1つにつき50%の確率)

となっています。

鉱石と宝石のどちらを優先させるかで選ぶといいでしょう。
また、レベル10の特化職で欲しいのがあれば、そちらに合わせるのもいいと思います。

レベル10で選択できるのは
レベル5で「鉱山労働者」を選んだ場合は、
鍛冶屋
のべ棒の売値が50%上がる。
(銅、鉄、金、イリジウムののべ棒が対象)
探鉱者
石炭を見つける確率が2倍。

レベル5で「地質学者」を選んだ場合は、
掘削者
ジオードを見つける確率が2倍。
(4種類のジオード全てが対象)
宝石学者
宝石の売値が30%上がる。
(鉱物と宝石が対象)

となっています。

レベル10の特化職を考えると、レベル5で「地質学者」を選んでから「宝石学者」がおすすめです。
(金策には最適)

採取の特化職のおすすめ

次は「採取」です。

レベル5で選択できるのは
森の住人
木材の売値が50%上がる。
(木材 & 堅い木が対象)
収集者
採取時、確率でアイテム入手量が2倍。
(20%の確率で入手量が2倍)

となっています。

木材を売らないのなら、おすすめは収集者になりますね。

レベル10で選択できるのは
レベル5で「森の住人」を選んだ場合は、
木こり
全種類の木から確率で硬木が手に入るように なります。
樹液採集器
樹液系アイテムの売値が25%上がる。

レベル5で「収集者」を選んだ場合は、
植物学者
採取したアイテムの品種が常に最高になります。
追跡者
採取可能なアイテムの場所がわかります。

となっています。

レベル10の特化職は「植物学者」がおすすめです。



スポンサードリンク

釣りの特化職のおすすめ

最後は「釣り」です。

レベル5で選択できるのは
釣り人
魚の売値が25%上がる。
漁師
カニかごの制作に必要な資源が半分になります。

となっています。

カニかごから取れるものに興味がないなら「釣り人」ですかね。

レベル10で選択できるのは
レベル5で「釣り人」を選んだ場合は、
釣り師
魚の売値が50%上がる。
海賊
宝物を見つける確率が2倍。

レベル5で「漁師」を選んだ場合は、
水夫
カニかごからガラクタが出なくなります。
ルアーの達人
カニかごがエサを必要としなくなります。

となっています。

漁師を選んだ後の特化職は、どれもカニかごを使う場合には便利です。
カニかごをよく使うのなら、レベル5で漁師を選ぶといいでしょう。

カニかごに興味がないなら、「釣り人」で「釣り師」が無難ですね。
宝物はとれるとおいしいですが、取るのが難しいのが難点です。