Hollow Knight(ホロウナイト)をプレイした感想!

Hollow Knight

任天堂のE3の動画を見ていたのですが、
その中でインディーゲームの紹介があって、
Hollow Knight(ホロウナイト)」というゲームが面白いそうなのでダウンロードしてみました。

もしかして海外だけ?と思ってましたが、日本でもきっちり配信されていますし、
ローカライズもちゃんとされています。

事前に情報なしでしたが、パッと見たところ、2Dアクションゲームっぽいですが、どんなゲームでしょうか。



スポンサードリンク

どんなゲーム?

さて、どんなゲームかというと、ゲームをはじめると、ちょっとしたイベントみたいなのがあって、
すぐにプレイ開始です。

主人公は虫?のようで、仮面にマントという見た目です。

左右に移動して、ジャンプ、そして攻撃というよくあるパターンです。

ストーリーはあるのでしょうが、最初はなにもわかりません。
目的も分からないのですが、とりあえず先に進み、敵(というか虫)が出てきたりしたら、
街のようなところに着きます。

街といっても話ができる虫が1匹いるだけなので、さらに先に。

いろいろマップをうろうろしていると、ボスっぽい敵がいるけど、倒せそうにない敵だったり、
仕掛けがあるけど今は進めそうになかったり・・・。

といった感じで行ける範囲を進みます。

どうもメトロイドヴァニアっぽいゲームのようですね。

一応装備できるアイテムや、敵を倒すとゲットできるソウルを使ったスキルのようなものがあります。

最初はミニマップがないのでかなり不便なのですが、ゲームを進めていくとマップを購入できます。

こんな感じで、ちょっとずつマップを探索していくゲームのようですね。

プレイした感想

まだ序盤なので、どんなゲームなのかいまいち分かってないところもありますが、
2D探索系のアクションゲームというジャンルのようです。

アクション性はあんまりありませんが、それでも強い敵やボスはいますので、
だんだんといろんなことができるようになっていくパターンのようです。

グラフィックはアニメタッチの独特な雰囲気があります。
出てくる敵やキャラは基本虫。
倒したときの音などがちょっとリアル・・・。

ストーリーは今の所なにも分かりませんが、少しずつ明らかになっていく感じです。

ボリュームはどれくらいあるか分かりませんが、そこそこ遊べそうです。

手触りはいい感じなので、なかなかよくできているゲームという感想ですね。

値段も1480円と安いので、こういうのが好きならオススメかな。