アークザラッドってどんなゲーム?シリーズの歴史について

アークザラッド

スマホで「アークザラッド」が配信されますね。

名前はアークザラッドRとなるそうですが、
そもそもアークザラッドって知ってる人いるんでしょうか。

最初に発売されたアークザラッドは、なんと1995年。
今から23年も前なので、プレイしたことがある人はそこそこの年齢になってますね。

最近の若い人はまったく知らないと思います。

そこで、アークザラッドがどんなゲームだったのかをざっくりまとめてみます。



スポンサードリンク

アークザラッドってどんなゲーム?

アークザラッドの1は、発売されたのが23年前で、PS1のゲームでした。
今がPS4でPS5の話も出てきているので、それぐらい昔です。

ゲームのジャンルでいうとSRPGです。
といっても、それほど戦略性があるわけでもなく、
マス目にあるキャラを動かして攻撃する
というぐらいの感じです。

PS1のゲームでしたが、3Dのゲームというほどでもなく、
ほぼ2Dのゲームという感じでしたね。

ただ、当時ではまだ珍しかったキャラボイスがついていたのが新鮮でした。

アークザラッドは、発売前にかなり大掛かりなCMなどがあって、
当時はかなりの期待作でした。

さて、ゲームの評価なのですが、
ゲームそのものとしては、まあまあの出来。
ストーリーもよさげだし、グラフィックも雰囲気があるし、音楽も結構いい、
キャラも特徴があって・・・とここまではかなりいい評判なのですが、
最大の欠点が
「ボリュームがめっちゃ少ない」
という点でした。

普通にプレイしてクリアまで6〜7時間ぐらい。
SRPGとしては、かなり短いです。

そして、ストーリーは途中でぶつ切れ。
続きは2で、ということになっていて、かなりガッカリ感がありました。

やりこみ要素もありましたが、地下50階のダンジョンがあるだけ。
それも途中でセーブや離脱なし、という厳しいもの。
しかも、50階までいったら、また1階まで登ってこないといけないという・・・。
(実質100階ですね)

まあ、「ちょこ」という隠しキャラが使えるというメリットはあったのですが・・・。

というのがアークザラッド1でした。

アークザラッド2以降の話

さて、アークザラッド1はボリュームが少ないという欠点がありましたが、
約1年後に発売されたアークザラッド2は、ボリュームはかなりありました。

ただ、1のデータを引き継げるのに、2の主人公は1の主人公ではないという・・・。
しかも出てくるのは後半。

ただ、ゲームとしてはかなりよくできていて、かなりのヒット作になりました。

ストーリーとしては、2で完結したような感じでしたが、
さらに続編が出ます。

ただ、アークザラッド3はまだよかったものの、
PS2で発売された実質の4が不評でそのままシリーズはフェードアウト。

そして、なぜか十数年たった今になってスマホゲーで復活という流れになっています。



スポンサードリンク

まとめ

というわけで、アークザラッドがどんなゲームだったのかをまとめてみました。

ただ正直、もう当時のことはほとんど覚えてないですね。
特にストーリーとか設定とか。

なもんで、スマホでアークザラッドが出たところで、
名前だけ懐かしい人と、よくある1スマホゲーと思う人になるだけのような気もしますね。